HOME > ベーシックカラーを意識する

ベーシックカラーを意識する

ファッションにおけるトレンドカラーは、アパレル業界によって仕掛けられることが多くあります。
例えば、「今年の秋はブラウンで決まり!」といったようなコピーが各ファッション誌に踊るのは、
アパレル業界の仕掛けの一端かもしれません。そしていまや、消費者もその“仕掛け”を
待っている感じさえあります。
常に敏感にアンテナを張っている消費者は、いつも流行を意識します。トレンドを意識したファッションは
斬新であり、また旧来の復刻的なものであっても、そこには常に新しい感覚が生きています。
流行のデザイン、そしてトレンドカラーは常に新しさを求められながら次々と生まれてきます。

そんなトレンドの裏側で、ファッションには不変のベーシックカラーが存在します。
どんな流行にも柔軟に合わせられる基本色でもあり、トレンドに左右されない色でもあります。
流行を追うでもそうでなくても、まずはおしゃれの基本色、ファッションのベーシックカラーを知って、
自分らしいコーディネートの基本カラーにしてみませんか?

無彩色

無彩色
「白」「黒」「グレー」の三色は“無彩色”。赤も青も黄色も入っていない、色のない色です。
基本的な色でもあり、特殊な色でもありますが、どんなカラーにも合いやすい色です。
グレーは幅が広く、白に近いライトグレーから黒に近いダークグレーまで、
すべてがベーシックカラーに含まれます。

紺色

紺色
「紺色」は濃い青。黒に近い青。藍色やインディゴブルーなど、深い青の色がここに含まれます。

茶系色

茶系色
「ベージュ」「ブラウン」はいわゆる「茶系」のカラーで、明度が高い色はベージュ、
低ければブラウン〜ダークブラウンとなります。
ここに紹介したベーシックカラーは、この6色同士での色の相性、バランスが非常に良く、
また他の色との組み合わせもしやすい色になっています。
そして、よくよく見れば、トレンドとして推されるカラーにもベーシックカラーのものはありますし、
雑誌でも街でも、おしゃれなファッションを見る時、ほとんどの場合でこのベーシックカラーが
使われているものです。

ベーシックカラーは使い方を選びませんし、コーディネートも難しくありません。
まずはこの6色を使いこなして、コーディネートをもっと楽しんでみませんか?

このページのTOPへ